読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星野源という人(俳優、音楽家)

星野源、大好きだ。

 f:id:yuuu8888:20170429102709j:image

どうせ逃げ恥から好きになった、ミーハーか、と思われるだろう。

だいたい間違っていない。

 

でも厳密には違う。

逃げ恥よりちょい前から好きだった。

星野源が出なければ逃げ恥は見ていなかった。

つまらなそうだけど、星野源を眺めるために見ようって思ったから。

結果、とても面白いドラマだった、ありがとう、星野源

 

でも熱烈に好きになったのは逃げ恥以降だからね、ミーハー感は否めない。

 

今更言うまでもないけれど、

①俳優

②音楽家

③文筆家

3つの顔を持ち、どれも成功しているという人だ。

 

①俳優、星野源

私が見た、星野源がある程度重要な役で出ている作品は

映画

『箱入り息子の恋』

地獄でなぜ悪い

ドラマ

未来講師めぐる

ゲゲゲの女房

11人もいる!

コウノドリ

真田丸

逃げるは恥だが役に立つ

 

くらいですかね。

 

逃げるは恥だが役に立つ』で童貞がはまり役だと話題になったけれど、

『箱入り息子の恋』『地獄でなぜ悪い』も童貞役。

『箱入り息子の恋』の童貞役は本当に素晴らしい演技だった。

恋愛に、そもそも人と接することに、不慣れな男性が、不器用にキスをするシーンは本当に良かった。

あと冒頭の家族顔合わせのお見合いで大杉漣に対する長ゼリフは圧巻だった。何度も繰り返し見たいと思う場面だった。

 

未来講師めぐる』『11人もいる!』はいずれも宮藤官九郎脚本のドラマ。

いずれもコメディで、少し変わった役を器用に演じていた。

 

いろんな役に幅広く、きちんと対応できる人だと思う。大好き。本当に好き。

 

②音楽家、星野源

彼の歌は大好きだし、ほとんどの歌がiPodに入っているのだけれど

私は音楽をあまり理解できる人間ではない。

音痴だし、リズム感もなく、評価をすることなんてできない。

 

だからさらっと、好きな曲を書いていきたい。

『SUN』と『恋』は触れる必要がないだろうなら、それ以外でね。

 

とりあえず比較的よく知られているだろう曲から。

『夢の外へ』『時よ』『地獄でなぜ悪い』『Week END』かな。他にもいっぱいあるけど。それぞれCM曲だったり、主題歌、テーマソングだったりするので、聞いたことある人も多いんじゃないかと思います。

 

次にたぶん星野源ファンじゃないと知らないんじゃないかな、という曲のなかでは、

『くだらないの中に』『ストーブ』『布団』『穴を掘る』ですかね。

それぞれどんな曲なのか語ってみたいけれど、

音楽センスがなく、魅力を伝えられないだろうから、良かったら聞いてみてください。

 

私は彼の声が大好き。本当に好き。

 

あと私の読解力がないだけかもしれないけど、彼の歌の歌詞は直接的ではないことが多いので、著者『働く男』を読むと、それぞれの意味がぐっと分かっていいと思います。

本を読むまで『ストーブ』が火葬場での話なんて、全く理解していなかった、すみません。

 

 

長くなったので、③文筆家 は次回書こうと思います。